ボディビルダーに習う食事療法

体作りをする事は単純に筋トレだけをやっていれば良い、という訳ではありません。体づくりには筋トレと食事がセットになっている必要があります。しかし食事療法と言っても知識のない方には難しい事かもしれません。そこで今回はボディビルダーから習う食事療法を大きく3つに分けて説明していきましょう。

1.適切な朝食をとる事
朝食は1日の食事の中で最も大切な食事だと言われていますが、これはボディビルダーにも当てはまります。体づくりの為にには毎朝しっかりと朝食を食べる食生活に変えましょう。また具体的なメニューには「卵白」は最適な食事メニューの1つです。これは、卵白に多くのたんぱく質が含まれていることによります。卵黄を取り除きオートミールの副菜として朝食に食べれば、美味しくてかつ体に良い食事が出来上がります。

2.食事の回数を増やそう
食事の回数を増やすことで筋肉がより多くの炭水化物を蓄えることが出来るようになり、グリコーゲンというエネルギー源になります。また食事を回数多く摂ることで、より頻繁に筋肉にアミノ酸を配給することができ、厳しい筋トレをすることによって生じる体への負担や損傷を回復しやすくする事が出来ます。

3.就寝前におやつを食べる
寝る前におやつを食べることで、夜中に身体に悪いお菓子を食べたい欲求に悩まされなくなります。適切な食事を摂取することで、筋肉の異化傾向を防ぐことにも繋がります。筋肉の異化とは、トレーニングのやり過ぎや栄養不足によって起きるもので、筋肉を分解して身体や免疫機能を弱らせてしまいます。また夜のお菓子としてたんぱく質が多く含まれるものを食べましょう。多くのプロテインシェイク・プロテインバーはこれに含まれます。他にもカッテージチーズにアーモンドを加え必須脂肪酸を増やすという食べ方もオススメです。