背筋を伸ばせば筋肉がつく!

事務作業などによって日本人に多いのは猫背なのを知っていますでしょうか。
自分も猫背だっていうの人がほとんどだと思いますが、どうしても楽な姿勢を取ったりする場合は前かがみになってしまいますが、筋力が無くなっているせいなのを知っていますでしょうか。
また、背中に筋肉が無い場合は腰痛や肩こりの原因になる場合もあるんですよ。
放っておくとどんどん仕事がやりにくい体になってしまいますので、今回は背筋を伸ばせば筋肉がつくと調べましたのでやり方を書こうと思います。
まずは最初から背筋を伸ばそうと言う気持ちでやってはいけません。背中を柔らかくするつもりで少しずつ背筋を伸ばす必要があります。
仰向けに寝転がって膝を三角に立てます。何か固いものを背中に当ててゆっくりと背伸びをする感じで筋肉をほぐしましょう。
会社などで行う場合は椅子の背もたれにタオルなどを厚めにかけて同じように後ろに体重をかけて行くと背中の筋肉がほぐれます。
座ったまま両手を真上に上げて左右にゆっくりと倒していくのも効果的ですよ。
ここで筋肉がしっかりとほぐれたところで背筋を伸ばして座るのを意識しましょう。
おへその下当たりに力を入れる感じで胸を張り、机との距離はこぶし一個分ほど離れている方が良いでしょう。背もたれからもこぶし一個分程離れているのが正しい姿勢です。
たったこれだけのことですが、背中に筋肉がついて腰痛が緩和されたと言う人もいますので是非試してみてくださいね。